車を安全に乗っていくためにも車検は欠かせないもの

自動車を運転するとき知っておくべきこと

定期点検は必要か

車検制度の必要性に付いて

「車検とは」 正式には自動車検査登録制度と言います。日本国内でミニカーや特殊自動車を除く車と排気量250cc以上の自動二輪車が対象です。保安基準に適応しているか確認する為に行われるものです。新車の場合のみ3年、その後は2年ごとに受ける義務があります。 「車検の方法」 ディーラーに持ち込んで行う場合と、自分で行う場合があります。必要なものは自賠責保険の証書、納税証明書などです。検査に合格すると有効期間満了日のステッカーと新しく車検証が交付されます。一般的にはディーラーに持ち込んでの車検が多いです。検査場まで車を運ぶのも大変です。又色々な書類をそろえるのも大変です。専門のディーラーに任せたほうが安心且つ迅速に事が運びます。

日本だけのシステムです

「他には無い制度」 2年毎の車検の制度は日本にしかありません。アメリカなどにはありません。しかし、良く似た制度はあります。日本の車検費用が高いのは自賠責保険や重量税がかかるからです。車検だけの料金はそんなにかかりません。それと、車検の時には車の点検をしたり、消耗品を代えたり部品交換をしたりするので、その分の費用が大分かかります。 2年に一度の制度が重要なのか、無駄なのかよく議論されています。ユーザーに取っては維持費の高さもあり、あまり喜ばしいことではありません。そのままでも充分に走るのではと思いがちです。しかし、普段からあまり車の手入れをしない人が多い中、丁度よい時期ではあります。無駄なのか必要なのかは未だはっきりしていません。