車を安全に乗っていくためにも車検は欠かせないもの

自動車を運転するとき知っておくべきこと

費用はどれぐらい

車検費用の目安について

自動車を保有している人は2年に1度車検を受けなくてはいけない。車種によって車検費用は大きく異なるが大きな出費であることは間違いない。 車検費用は24か月点検整備、検査代、代行手数料などの車検基本料と重量税、自賠責保険料、印紙代などの法定費用で構成される。 法定費用は軽自動車で約3万円、普通車は車両重量によるが、約4万5000円から7万円である。これだけでもかなり金額に差があることがわかる。 車検基本料については約5万円から10万円かかるため、トータルでは8万円から15万円かかるということになる。 これを見るとどれだけ大きな出費になるかはわかると思う。ではこの費用を少しでも安くするためにはどうしたらよいのか。

費用を少しでも安くする方法

10万円以上する車検費用を少しでも安くするにはどうしたらよいのか。車検はディーラーだけでなく、様々な業者で対応しており、その費用構成もいろいろパターンがある。 まずは一つの店ではなく、複数の業者に見積を依頼することから始めた方がよい。インターネットで見積の予約をとり、その後、実際に自動車を持ち込んで正式な見積書を提示してもらう方法である。これを複数の業者に対して行い、提示された見積書を元に値引交渉をしていく。 値引交渉が相手、つまり業者側は嫌がるのではと思うかもしれないが、業者側も車検対応は利益につながるため、できれば少しでも多く請け負いたいというのが本音である。そのため、値引に応じてくれる事も少なくない。 こうした方法を利用して、車検費用を少しでも安くできれば良いのではないだろうか。