車を安全に乗っていくためにも車検は欠かせないもの

自動車を運転するとき知っておくべきこと

安全のために

割安にするにはユーザー車検が最適

車検とは自動車検査登録制度の略称で、検査によって安全に車を使用できる事を確認すると同時に所有権を公的に認めて貰う制度です。 自家用自動車と自家用軽自動車の場合は初回が3年、次回が2年ごとに必要とされています。車検が切れた状態では公道を走行する事は法律で禁止されていますので、車検切れには注意が必要です。また、万が一車検が切れた場合は市町村役場にて臨時のナンバーを発行して貰う必要が出てきます。 車検の価格は一定ではなく、代行業者によって価格が様々です。一般的には5万円から15万円程度と言われています。 この費用を抑える方法として、ユーザー車検という方法があります。これは自ら車の状態を事前にチェックし又は修理を行い、自らが実施するものす。価格は手数料と保険代、車両税のみなので業者に頼むよりはかなり安く費用を抑えることができます。

これまでの制度と今後の予測

日本における車検の制度は1951年頃の道路運送車両法に基づいています。当初は性能に問題が多く、整備士による事前検査が必要不可欠でした。現代では、2年に1回の検査が必要でしたが、耐久性能や安全性能の向上から新車については初回につき3年に1回とされ、時代とともに検査が簡素化されてきています。また、検査項目も大幅に減少し、102項目から60項目へと変わっています。 また、検査項目の減少により、ユーザー車検を実施する方が年々増加しているのも事実であり、その事が民間業者の減少につながっています。 車の性能は今後も上がっていくことが容易に想定される事から、現在の車検制度も今後更に簡素化することが予測されます。

お得に検査がしたい

車検を受ける人の多くは、なるべく費用を抑えたいと考えるはずです。そんな人に最適なのが、「ユーザー車検」です。通常の検査費用よりも安く抑えることができるため、近年注目を集めています。

定期点検は必要か

車検は、新車の場合3年、その後に2年と定期的に点検を行う必要があります。安全に車を乗って行くためにも、定期的に見てもらうことが大切です。日本では、2年毎に行われる点検ですが、海外ではそのような制度がほぼありません。

費用はどれぐらい

車検を受ける人にとって、気になるのが費用ではないかと考えられます。どの業者にお願いするかによって、費用に違いが見られます。このページでは、費用の目安を紹介していますので、参考にしてみてください。

車内の雰囲気が変わる

シートカバーによって、車内の雰囲気をガラッと変えることができます。明るい気分、暗い気分など自分の気分に合わせてシートカバーを変えることで、カーライフを楽しむことができます。